中学入試と偏差値70位置づけ

受験が必要な中学校にも高校や大学のようにランクがあります。比較的入りやすい学校から、最難関で将来は東大や京大を目指す生徒が多い学校まであります。難関中学の線引きのひとつとして、偏差値があります。標準偏差からの乖離を示す指標ですが、最難関中学と呼ばれる学校は偏差値70以上が一つの目安になります。問題の難易度や模擬試験の受験生のレベルで偏差値は変動しますので、常に同じ数値にはなりませんが、難関中学を受験する人は常に70以上を意識して勉強するといいでしょう。中学入試は小学生が受けますから、まだ勉強のやり方や自分の知識が確立されていない場合もありますので、模擬試験ごとに偏差値の変動は激しいかもしれません。たまたま得意な問題が出題されて高得点が取れることもあるでしょう。模擬試験の問題を何回も復習することで、知識が固まってきて得点も安定してきます。難関中学入試をする生徒はもうすでに優秀でしょうが、そのまま大学受験までいける保証はありません。たまたま早熟で点数が伸びているだけかもしれません。小学生のうちから勉強方法を確立できた生徒が将来の大学受験でも有利に立つ事が出来ます。そのためにも独学ではなく、優秀な専門機関で受験テクニックを学ぶのもいいでしょう。中学入試がさかんになるとともに塾や予備校でも様々なノウハウを吸収する事が出来るようになりました。信頼できる先生を見つけて、自分のスタイルを確立していきましょう。