中学入試と発達障害

発達障害の皆さんは、中学入試に支障をきたす傾向があると言われています。その理由は、発達障害特有の集中力や学習能力の低さというもの。普通の子供たちが普通にできる中学入試の勉強であっても、発達障害を抱えるお子さんにはかなりハードルが高くなってしまうケースもあるのです。逆に中学入試の失敗を通して、発達障害と判明する事例も増えているとされています。自分の子供が発達障害だとわかったら、まず第一に本人のペースで学習を進めることを考えてみましょう。学習塾や家庭教師を押し付けるのではなく、本人の興味や関心、集中力を基準に学習計画を立てていくのです。発達障害の子供たちは、個性を伸ばしてあげることで、すくすくと成長する傾向もありますので、プレッシャーを与えるのではなく、本人の自主性や主体性を尊重することが、最終的な中学入試の合格に繋がると考えて良いと言えるでしょう。最近では、障害を抱えた児童をターゲットにした学習教材や研究機関も増えていますので、インターネットを使って情報収集してみてください。障害児を抱えるお母さんのコミュニティなどでも、日々の学習や受験に関するアイデアや情報が共有されています。自分の子供の成績が伸びないことを悩むのではなく、長所を伸ばす教育を中心に考えれば、本人だけでなく親御さんの負担も解消することでしょう。そしてその積み重ねが、中学や高校、大学受験合格という明るい将来に繋がっていきます。