中学入試における算数の勉強法について

中学入試の算数も暗記科目なのです。算数の勉強法で大事なのは、何度も何度も同じ問題を解くことです。何度も同じ問題を解くことで、解き方を覚えることができるのです。解き方を覚えることができれば、試験で出ても安心して解くことができるものです。算数は暗記科目ではないと思っている方が多いですが、実は暗記科目ということに気がつくことが大切です。そして、中学入試の勉強で大切なことは、過去問を解くことです。過去問を何度も何度もすることが大切です。そして、過去問で間違えてしまった問題はきちんとチェックをしておきます。そして、何度もすることが大切なのです。間違えてしまった問題をそのままにすることが一番いけません。できないままですし、その問題が試験に出ても結局間違えてしまうからです。問題を解いて満足をしてはいけません。きちんと合っているかどうか確認をして、間違っている部分をきちんと理解をすることが大切なのです。算数は中学入試ではとても大切です。応用問題が解けるかどうかが合格を握っている場合も多くあります。応用問題ができるようになるには、基本をきちんと理解しておかなければいけません。基本を理解していないまま、応用問題に挑戦しても解けるわけがありません。とにかく基本をきちんと理解をすることで、苦手科目から得意科目になるものです。基本を理解するためには、授業をきちんと聞き不明な点はなくすことです。この繰り返しが算数の勉強では大切です。